公益財団法人 小松市まちづくり市民財団

MENU

にぎわい交流

TOPにぎわい交流

にぎわい交流グループ

 にぎわい交流グループは、伝統文化の継承や、それらに触れる機会の提供を図っています。また、「石川県立航空プラザ」と「こまつ曳山交流館みよっさ」「ジャパン九谷のふるさと松雲堂」の管理運営を行っています。

 航空プラザでは、航空機の歴史を模型やイラストなどで学ぶことができ、大展示場では実機を展示し間近で見学することができます。
また、屋内型の大型複合遊具を設置しており、大勢の子供達に喜ばれています。

 「こまつ曳山交流館みよっさ」は、小松の匠の技と粋の結集である絢爛豪華な曳山を、間近にご覧頂ける施設です。
 毎年五月の「お旅まつり」に、「曳山」を舞台にした子供歌舞伎が250年もの間演じられています。現存する曳山は八基。そのうち二基を常設展示しています。
 館の愛称「みよっさ」は、「〜してみようよ」と呼び掛けの時に使う小松の方言です。

 ジャパン九谷を代表する九谷窯元「松雲堂」
 明治・大正期を通して、輸出陶磁器として絶大な人気を得て発展した「ジャパン九谷」を代表する窯元の一つが「松雲堂」です。
 平成23年12月に改修工事を終えて現代町屋として生まれ変わりました。市民の交流の場として、ギャラリーや発表会を始め、さまざまな場面で活用いただければと思います。