公益財団法人 小松市まちづくり市民財団

MENU
小松市まちづくり市民財団

お知らせ一覧を見る

小松市まちづくり市民財団とは

 小松市施設管理公社は1978 年に小松市社会体育振興会として設立され、今年で40周年を迎えます。これまで、体育施設や文化施設、児童センターなどの公共施設の管理と各種教室・イベントの開催を通じて、スポーツ・文化の振興や市民の健康増進に取り組んできました。
 2020 年の東京オリンピック・パラリンピック開催や2023 年の北陸新幹線小松開業を見据え、新たな時代に相応しい名称へと変更します。今後は、これまで以上に市民や地域、各種団体との連携を図り、スポーツ・文化交流の拡大や地域づくりの推進など、小松市のまちづくりに貢献していきます。

小松市まちづくり市民財団の役割

 小松市まちづくり市民財団では、以下の役割の拡大を目指してまいります。

施設マネジメント事業

  • 誰もが気軽に利用して楽しめる施設運営
  • 施設の空き時間を有効活用するための新たな顧客の開拓
  • スポーツ、文化施設の一元管理による利便性の向上
詳しくはこちら

スポーツ・文化振興事業

  • 生涯スポーツ・ゆるスポーツの普及
  • スポーツ合宿や文化体験ツーリズムの推進
  • 指導者の確保・育成とトップアスリートを目指しジュニアから競技力向上
詳しくはこちら

地域活性化事業

  • 地域活性化への相談窓口の充実
  • 大学や企業などと連携して地域活動を支援
  • 生涯学習の機会・プログラムを充実
詳しくはこちら